フコキサンチンとは?

フコキサンチンはカロテノイドの一種で、
海のカロテノイドと呼ばれています。

β-カロテン

β-カロテン

β-クリプトキサンチン

β-クリプトキサンチン

リコピン

リコピン

アスタキサンチン

アスタキサンチン

ルテイン

ルテイン

フコキサンチン

フコキサンチン

ワカメ、昆布、モズクなど褐藻類に含まれているカロテノイドです。

フコキサンチンで報告されている
機能性

トップ画像

フコキサンチンの抗肥満
作用メカニズム

脂肪細胞は2種類+1種類存在しています。

フコキサンチンの抗肥満作用メカニズム

人での臨床試験結果

ヒト(白人女性)がフコキサンチン
(Fx)を一日2.4mg摂取した場合

人での臨床試験結果 1人での臨床試験結果 2人での臨床試験結果 3人での臨床試験結果 4

a,b プラセボ(対照)と比較して有意差あり。( a P<0.05; b P<0.01 )

[ Diabet Obesity Met 12:72-81, 2010]

Pavlovaを用いた動物実験結果
(体重変化)

Pavlovaを用いた動物実験結果(体重変化)

フコキサンチンの抗糖尿病作用

血中グルコース

血中グルコース 1血中グルコース 2

糖負荷試験

糖負荷試験

血中インスリン

血中インスリン

コントロールと比較して有意差あり。(P<0.05)

Mol. Med. Rep. 2:897-902, 2009 ArchBiochemBiophys504:17-25,2010

Pavlovaを用いた動物実験結果
(血糖値)

藻類(Pavlova)を混ぜた試験区のマウスは、
混ぜない試験区のマウスに比べ、
血糖値上昇が抑制されることが確認できました。

Pavlovaを用いた動物実験結果(血糖値)

OPBioと琉球大学医学部との共同研究結果より

前のページに戻る

 

トップに